50分で覚える!リフォーム速習講座
ホーム > 遺産相続 > 生前から相続を放棄させることはできるか?

生前から相続を放棄させることはできるか?

生前から相続を放棄させることはできません。

いくら「相続を放棄する」旨の念書などを書いていたとしても、それが相続が始まる前に作成されたのであれば効力はありません。

しかし、遺言書の利用の仕方によっては相続を放棄させたのに近い効力をもたせることはできます。

それは「遺留分」を放棄させるという方法です。

遺留分の放棄は遺言者の生前でも行なうことができ、推定相続人本人が家庭裁判所に申し出て許可をもらえばよいことになっています。

遺留分を放棄させた上で、遺言書でその者への相続分がないようにしておくなら、遺言者の生前に相続を放棄させることに近い効果があることになります。

尚、遺留分を放棄したことによって他の相続人の遺留分が増加するわけではありません。相続登記を自分で

また、遺留分は相続の放棄とは異なりますので、遺留分を放棄した者も相続開始後は相続人となります。つまり、遺留分の放棄が事前になされていても、遺言書が存在しなければ通常通り相続人として相続分を主張できるということです。